五反田の風俗を体験してしまった話

五反田の風俗を体験してしまった話

普段は新宿近辺を生活エリアとしているので、東京都の23区の南側に行くことはあまりないのですが、友人との食事の流れがあり久々にいつもとは違う場所で休日を過ごしていました。その日は品川で飲んでいたのですが、夜の9時も回らない段階でお開きに。そのまま友人と電車に揺られて帰っていると、「たまには風俗にでも行かない?」と誘われてしまいました。自分には断る理由はありませんでしたので一緒に行くことにしましたが、「どこへ行くの?」とふと疑問が湧きました。私はてっきり新宿あたりまで出るものかと思っていましたが、友人が言うには五反田が良いそうで付いていくことに。私は仕事などの用事がない限り五反田に行くことが滅多にないので、五反田のどこに風俗があるかも分かりませんでした。しかし、五反田駅を降りて東口を出てロータリーを挟んで向かい側の通りを路地に入るとすぐにこのあたりなんだろうと雰囲気を感じました。残念ながらお世辞にも私が知っているようなイメージの湧く風俗街ではありません。それもそのはず、五反田には風俗店は数える程度しか存在していないのです。広い括りで風俗というとたくさんあるかもしれませんが店舗型のファッションヘルスはちらほらしか存在していません。Y字路があってその脇に2店舗ずつ合計6店舗ほどがあるような状況です。お店自体はしっかりと看板を出していて夜は目立つので分かりやすいです。それよりもちょこっと殺風景な感覚を覚えました。というのも、その他には飲食店があるだけでそれも転々としています。レンタルルーム(ラブホテル)もあるのでしょうが、普通の雑居ビルなどが多く、ギュッと沢山のお店が詰まっている状態ではないからです。要するに2つか3つの建物おきに飲食店か風俗店といった感じです。間に、案内所やホテルなどがあるようなないようなという感じです。パッとみた印象としては何のお店なのか分かりづらい状況です。分からない人からするとキャバクラやセクキャバが多いのではないかと思うくらいの状況です。こんな雰囲気ですが大人気らしいのが五反田の風俗とのこと。一見した印象ではどこの街の一角にもあるような場末の風俗店としか思えません。こういう雰囲気の街の場合、どの程度期待ができるものなのかは見ただけでだいたい分かります。大概の場合は、悲しくなるような残念な女性が働いているのでテクニックがあろがなかろうが満足に楽しむことはできないことが多いです。世も末だなと感じさせられることが非常に多いです。しかし、五反田の場合は何やら違った雰囲気です。お店に活気があるのです。五反田の風俗はピンサロばかりですが、そのピンサロ店のほとんどは並んで列が作られている状況です。このような状況は初めて目にしましたが、まさかこんなパッとしない五反田という街でものすごい人気があるお店があるなんて想像もつきませんでした。頭を切り替えてネットで周辺の風俗店の情報を検索すると、割と目立つ感じで出てきました。まさに人気店で一般的なピンサロとは質もレベルも違うとのこと。もちろん料金もピンサロの相場より遥かに高いです。それだけ高級感とプレミア感がある訳なので納得ですが。五反田のピンサロの特徴は、とにかく女性が可愛くて美人であることでしょう。もしかすると場末のピンサロなどのネガティブなイメージが強い分、五反田で美化されてしまっているかもしれませんね。とはいえ、働いている女性の多くがたの風俗店で働いたことの経験がある20代中盤~20代後半の年齢層高めの女性達でベテランぞろいです。可愛いしテクニックもあれば満足できない人はいないでしょう。さらに驚いてしまうのが、ピンサロなのにどこの店舗でも女性の在籍数がもの凄く多いことです。余程人気があってお給料の回りも良いのか非常に安定した運営ができていそうな印象です。瞬間的に気持ちの良いプレイをしてもらいうことに魅力があるわけですから、ここまでこだわったお店が成功しているのも分かるような気がします。ただ、なんでそれが五反田なのかはよく分かりませんね。ともかく、友人と利用して大満足して帰りました。
五反田 風俗【マリンサプライズ】