イヤイヤ期の乗り越え方

イヤイヤ期の乗り越え方

子どものイヤイヤ期はいつごろから始まるのでしょうか。早い子で1歳半くらいから、2歳以降3歳くらいまで続く子もいます。イヤイヤ期は成長するために必ず通る道です。とはいっても、実際イヤイヤ始まったときに、上手く対応ができるのか不安なお母さんもいるでしょう。イヤだということにダメ!とかしからず、いろいろと提案してみる方法はどうでしょうか。手伝うよ、やり方教えてあげようか、代わりにやってあげようか、など。○○しなさい、と命令するのは逆効果です。また、否定をするのもNGです。子どもの考えを尊重してあげることが大事です。イヤイヤ期はずっと続くものではありません。成長過程ですので、優しく見守っていきましょう。

「イヤイヤ期」は早い子では1歳半くらいから始まります。子どもの反抗期みたいなものですが、自己主張をし始め、何かとイヤイヤ言い出すものです。小さいお子さんをお持ちのパパ、ママは不安な方も多いと思います。2歳に近づいていくと、自分でできることが増えていきます。ですが思ったようにできないと大声で泣き出したり、イヤだイヤだと始まるわけです。次第に親の方がイライラしてきて叱りつけてしまいがちです。イヤイヤ期の乗り越え方はこれ、という教科書があるわけではありませんが、子どものイヤイヤでストレスになってしまう前に、家族や託児所などのサービスを使ってリフレッシュをするようにしましょう。その時にどう対応したら良いかを百戦錬磨の保育士さんなどに聞いて参考にしてみると良いでしょう。

働くお母さんはイヤイヤ期をどう過ごしているのでしょうか。風俗の仕事は忙しくて家事と両立させるのは至難の業です。疲れて帰ってきても、ギャーギャー騒いだり、子どもが言うことを聞かなかったりして、つい怒ってしまう、という人も少なくないでしょう。そんな時は、同じ境遇のお母さんや、託児所の保育士さんなどとお話をすることです。一人で乗り切ろうとはせずに、周りの人に助けを求めるのです。イヤイヤ期はどの子にも起こることです。実際なってみないとわからないことも多いでしょう。もしイヤイヤ期前のお子さんがいる場合は、今からイヤイヤ期について調べておきましょう。いざなった時に、「これがイヤイヤ期」なのか、と余裕をもってドシっと構えているのです。準備万端。乗り越えたとき良い思い出となりますように。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】